からだのトリセツ(8)

今回は下半身の重要性です(^^)

下半身には全身の筋肉の3分の2が集まっていて、身体の土台と言われています。

その土台が軟弱だと体型のバランスが悪くなり、体幹(身体の大黒柱)を鍛えていてもパフォーマンスが上がりません。

加えて下半身は年齢を重ねていくと衰えやすい箇所になります。小さくて細い腕の筋肉は重い荷物を持つ程度でも

十分刺激されるのですが、下半身は大きくて丈夫なのでスクワットなどのトレーニングをしないと鍛えるのが難しいです。

さらに下半身が軟弱になると、股関節周囲が固まり日常生活の活動量低下・代謝が落ち太りやすく生活習慣病の引き金

になる可能性もでてきます。なので体幹も大切ですが、下半身もしっかり鍛えましょう!

 

これを踏まえて是非、トレーニングしてみて下さいね(^^)

からだのトリセツ(7)

今回は効率の良いトレーニング順とは?です(^^)

筋肉には目で見て確認出来るアウターマッスル(表層筋)と目では見えないインナーマッスル(深層筋)があります。

インナーマッスルは骨格の近くについている筋肉で主に姿勢を保つ役割をしてくれています。

インナーマッスルから鍛えた方が後のトレーニングも安定するように思いますが、

インナーを先に鍛えて疲れさせると姿勢が不安定になり、正確なフォームが取りにくくなります。

なのでアウターを鍛えてからインナーを鍛えると効率が良くなります。

ちなみにインナーマッスルは正しい姿勢を維持するだけでも刺激されるので意識してみてください!

 

これを踏まえて是非、トレーニングをしてみて下さいね(^^)

 

 

 

 

からだのトリセツ(5)

今回は姿勢についてです。

トレーニングをする時、姿勢に気をつけて行えていますか?(^^)

ほとんどの方が普段生活している姿勢を前後左右と色んな角度で確認する事は少ないと思います、私もそうでした(笑)

確認せずにトレーニングを始めてしまい、最初の方は効かせたい箇所に全くアプローチ出来ませんでした。

その結果色んな箇所に筋肉痛とは違う痛みがでてきました・・・・・。

不良姿勢のまま負荷をかけ続けると、曲がった釘をそのまま打ち付けているのと同様に不良姿勢を悪化させてしまう恐れがあります。

なので自身の姿勢をしっかりと確認しトレーニングする事をおすすめします。

その中で猫背やO脚・・・改善出来るところはストレッチや治療を重ね改善していきましょう!

 

これを踏まえて是非トレーニングしてみて下さいね(^^)

 

からだのトリセツ(4)

今回は10回×3セットを同じ負荷でこなす事はどうなのかです(^^)

前回セット数のお話しをさせていただきました、10回×3セットが黄金比率ですと・・・。

トレーニングを始めたばかりの方は慣れるまで同じ負荷で筋肉の使い方を覚えるのが良いのですが、

トレーニングの中・上級者の方は3~5セット内であれば負荷を増やしつつ行うとより良いでしょう。

ただ、負荷を増やす場合は回数を減らし効かせたい箇所をより意識して行うのが効果的です。

これを踏まえて是非トレーニングしてみて下さい(^^)

からだのトリセツ(3)

今回はトレーニングでのセット数についてです(^^)

どんなトレーニングをする際にも気になるのがセット数。

当院でも『あと何回すれば良い?』『回数やれば効くでしょう』・・・など色んな声をいただきます。

安全・確実に筋肥大を促すにはあと2回の余力を残し、10回反復するのがギリギリだなという負荷で鍛えるのが理想です。

筋繊維は1~2セットでは満遍なく刺激が出来ないため3セット行います。なので10回×3セットが黄金比率とされています。

いきなりギリギリだなと感じる負荷で10回×3セット行うのは刺激を入れたい筋肉に対して無駄が多くなるので、

まずは一段階下げた負荷で10回程し効かせたい箇所に意識がいっているか、どう動かすのインプットさせてから行うとより効果が期待できます。

 

これを踏まえて是非してみてください(^^)

 

 

からだのトリセツ(2)

今回はストレッチについてです(^^)

皆さんはトレーニングする前と後にストレッチをしていますか?

ストレッチは怪我を予防するための必要なトレーニングの1つです!

ですがそのストレッチもやり方次第で予防ではなく怪我に繋がる恐れがあります。

まずトレーニング前は座って筋肉を緩めるて行う静的ストレッチよりも、筋肉と関節を大きく動かし立位で行う動的ストレッチが好ましいです。

(高重量や自重負荷をかけるので静的ストレッチだと力が上手く入りにくくなります)

トレーニング後は前とは違い筋肉が温まっているので伸びやすいです。なので坐位や寝転びながら行う静的ストレッチが好ましいです。

筋肉の緊張が取れ心身共にリラックスし、疲労回復も早まります。

 

これを踏まえて是非トレーニング前後はストレッチをしてみて下さいね(^^)

東洋医学『胃』

六腑

五臓の陰に対して、にあたるのが陽臓である。

役割:食べたものを消化吸収して、栄養を五臓に送り、栄養の無い部分を排泄する機能がある。

六府の種類:胆・小腸・三焦・胃・大腸・膀胱

 

 

生理機能

受納と腐熟を主る

口から入ってきた水穀の精微を腐熟して消化をして小腸に運ぶ。

また、消化によって得られた水穀の精微はによって全身に運ばれる。

 

通降を主る

小腸で区別された飲食物の中の排泄されるものを大腸に伝える。

胃の通降作用が失調すると食欲に影響したり胃の張り・便秘になる。

さらに胃の気が上逆する悪心・嘔吐・しゃっくり・ゲップなどの症状を引き起こします。

 

 

身体の不調に気づいてあげてキチンと治療する事で必ず身体は良くなります。

当院では、身体のバランスを整え快適な生活を送れるようにサポートします。

身体の不調でお悩みの方はご相談お待ちしております。

 

次回は『小腸』についてお話していきますお楽しみに(^▽^)/

東洋医学六腑『胆』

六腑

五臓の陰に対して、にあたるのが陽臓である。

役割:食べたものを消化吸収して、栄養を五臓に送り、栄養の無い部分を排泄する機能がある。

六府の種類:胆・小腸・三焦・胃・大腸・膀胱

 

 

 

生理機能

胆汁の貯蔵と排泄

胆汁は肝において生成され、胆にに貯蔵された後、小腸に排泄され脾胃の消化作用を助ける。

胆の気の過不足によって胆汁の排泄が悪くなり脾胃の運化作用にも影響して口が苦い・食欲減退・脇下の痛み・お腹の張りなどの症状を引き起こします。

 

 

決断を主る

肝のめぐらせた考えに胆が決断をする。

また、「肝っ玉が大きい」小さいなどの言葉があるように胆は心の落ち着きにも関わっています。

胆の気の過不足によって感情がみだれびくびくした状態になりやすい。

 

 

症状を引き起こしている原因は必ずあります。

当院では、身体の不調を引き起こしている原因を突きとめて根本的に改善を図ります。

身体の不調でお悩みの方相談お待ちしております。

 

次回は『胃』についてお話していきますお楽しみに(^▽^)/

東洋医学『腎』④

五臓

大自然の中には陰と陽があり五臓は陰にあたり別名陰臓と呼ばれている。

役割:気・血・津液を生成、貯蔵運搬などの働きがある。

また、互いに協力や制約をすることで全体のバランスを保っている。

 

腎=腰は腎の府

 

腎気不足による身体の関連

 

恐:びくびく、おどおどした状態。

唾:唾がむやみやたらにダラダラ出る。

骨髄:骨格がもろくなったり、発育不良、腰膝酸軟(だるくて痛む、ぐらつく)

髪:艶がない、白髪、髪が抜け落ちる

耳:耳鳴り、難聴

二陰:前陰と後陰に分けられる

前陰=排尿と生殖の作用に関与:頻尿、残尿、尿閉

後陰=排便の作用に関与:便秘、下痢

 

 

身体の不調を引き起こしている原因を明確にして治療することで今までの悩みが吹っ飛んでいきます。

当院では、身体の不調を引き起こしている原因を突きとめて根本的に改善を図り快適な生活を送れるサポートをします。

身体の不調でお悩みの方、相談お待ちしております。

 

次回は『六腑』についてお話していきますお楽しみに(^▽^)/

東洋医学『腎』③

五臓

大自然の中には陰と陽があり五臓は陰にあたり別名陰臓と呼ばれている。

役割:気・血・津液を生成、貯蔵運搬などの働きがある。

また、互いに協力や制約をすることで全体のバランスを保っている。

 

腎=腰は腎の府

腎の生理機能

納気を主る:気の運行(呼吸)を調整する

 

深い呼吸に吸気を臍下丹田まで取り入れ肺の機能を補助して吸気の深度を保持して呼吸が浅くならないように防止しています。

 

 

納気が不足すると呼吸困難・喘息・息切れの症状を引き起こします。

呼吸が浅く、気分が悪くなったり少し歩いただけでも息切れをするようなったりいつもと違う身体のサインが出た時は、寝たら治ると思い込まず、治療をしましょう。

始めの軽い症状だからといって放っておくと二次的な症状を引き起こします。

 

 

 

当院では、原因を突きとめ根本的に改善をして快適な生活を送れるようにサポートします。

身体でお悩みの方相談お待ちしております。

 

次回も引き続き『腎』についてお話していきますお楽しみに(^▽^)/