からだのトリセツ(62)

引き続き、女性ダイエットあるある⑯

☑ホルモン注射に痩身薬、最新医療で体重キープ

体についてしまった体脂肪を吸引しなくても痩身できる医療技術が日々進んでいます

例えば医師による遠隔診療で処方された痩身薬で痩せるとういう飲むだけダイエットは、

食欲抑制ホルモンを注射して体内にそのホルモンを増やすダイエットです。

医師にサポートしてもらえれば安心のようにも思えますが、体型維持には向かないと考えます。

一口にメディカルダイエットと言っても、まだエビデンスが蓄積されていない物も多くあります。

ダイエット外来で肥満症と診断されたり、大きな怪我などで運動が難しい方が選択肢の一つに入れる

のはいいと思いますが、体型を維持するために薬を使用するのはおすすめしません。

またその技術が裏付けされた本当に正しいものなのか、副作用は起こりうるのか、

自分の体質に合っているのかなど時間をかけて調べる必要はあるかと思います。

一度使用してしまうとやめた時にリバウンドする可能性もあるので、皆さんもよく考えてご使用ください。

 

 

からだのトリセツ(61)

引き続き、女性ダイエットあるある⑮

☑目標達成したから食事制限をやめる

ダイエット中に避けていたご飯を大盛にする、控えていた甘いのもを制限なく食べるなど

極端な例ですがこれぐらいピタリと食事制限をやめてしまうと、必ずリバウンドします。

ダイエット中に我慢を重ねていた人ほど、陥りやすいケースです。

食生活を急激に変えない事も大切ですが、そもそもダイエットを始めると時に長期間

続けられるものを選ぶことも重要になってきます。

じゃぁ、目標達成後のケーキやバイキング、焼き肉は?となってしまいますよね。

大丈夫です!そういう時は、好きなものを好きなだけ食べる日いわゆる“チートデイ”を設けるのです。

週に何回もではなく週1回程度が目安です。痩せ方さえ知っていれば、翌日の食事で調整したり

土日の運動量を増やしたりコントロールしながら上手に継続できるはずです。

リバウンドすると代謝が落ち痩せにくくなるので注意してください。

食事に限らず運動にも同じ事が言えるので、皆さんも上記を心掛けて継続して下さいね。

 

からだのトリセツ(61)

引き続き、女性ダイエットあるある⑭

☑野菜が足りないから、野菜ジュースでビタミン補給

野菜の食感や香りが苦手で食べたくないという人が、野菜ジュースを活用する

傾向が多いと思います。野菜ジュースで摂取しても良いのですが、注意点がいくつかあります。

まず、果物がミックスされて入るものは野菜だけのものに比べて糖質が1.5~2倍近く多いです。

甘いものには甘味料が含まれていることが多いので、裏面の表示を確認してみて下さい。

次に、栄養の観点から見ても食事から摂る野菜には劣る部分があります。

ビタミンCや食物繊維のように加工の段階で失われてしまう栄養素もあるため

“1日分の野菜”と記されている商品であっても、野菜そのものを食べた場合より栄養素が少なくなります。

皆さんも上記の事を意識し、ジュースだけを飲んで食事バランスを整えるのではなく

野菜を食べる習慣を身に付け食事でバランスを摂るようにしましょう。

からだのトリセツ(60)

引き続き、女性ダイエットあるある⑬

☑おやつはヘルシーなナッツ類

ダイエットの定番おやつと言えば、ミックスナッツ。オメガ3を多く含むクルミ

抗酸化作用のあるビタミンEが豊富なアーモンド、糖質が高くエネルギー補給になる

カシューナッツ・・・など沢山あり、種類によって効果は様々でメリットが確かにあります。

とはいえ、1回に1袋食べたり有塩ナッツはNGです。 ナッツは基本的に脂質が多く、食べ過ぎると

あっという間にカロリーオーバーしてしまいます。1日の目安は25g程度で、これを小分けに

して少量ずつよく噛んで食べるのがベストとされています。よく噛むメリットは、10回・25回・40回

と回数を多く咀嚼することで、栄養素の吸収が高まることが研究で明らかになっています。

皆さんも摂取する際はよく噛み、カロリーではなく栄養素をしっかり吸収しましょう。

 

 

からだのトリセツ(58)

引き続き、女性ダイエットあるある⑪

☑小腹も満たされるから、炭水化物メインの分食ダイエット

分食ダイエットは通常3回の食事回数を4~6回に増やす方法で、減量や肥満防止に効果が

あるだけでなく、糖尿病患者が血糖値コントロールのために行う事もあります。

比較的成功率の高いダイエット方法ですが、ポイントを誤ると失敗どころか食べ過ぎて

逆に太ってしまう事もあります。単純に食べる回数を増やすだけだと当然、総摂取カロリーも増えて

太ります。1日に必要とするカロリーは、デスクワーカーなら『体重×25~30cal』営業マンや美容師

など立ち仕事が多い方は『体重×30~35cal』で算出する事ができます。

こうして出た数値を6で割り、1回に食べる量を把握しましょう。簡単に済ます事ができる炭水化物

に偏りがちですが、タンパク質も一緒に摂る事を忘れずにしてくださいね。

正しい分食ダイエットは1日6回、2~3時間おきに食事をし、寝る3時間前には食べ終えること

毎食必ずタンパク質を摂り200~300calに抑え、水を1.5~2ℓを目安に摂取してください。

からだのトリセツ(55)

引き続き、女性ダイエットあるある⑧

☑毎日3ℓ以上の水を飲んで、デトックスしてます

美容を目的とした女性だけでなく、トレーニングのパフォーマンスを上げる為に水を大量に飲んでいる

ボディビルダーの人も少なくない。その量は最低2ℓ、なかにはそれ以上という人もいる。

沢山水分を摂る人に注意して頂きたいのが、水中毒です。水中毒とは、水の多飲により体内の

電解質バランスが崩れ血中のナトリウム濃度が低下することで、頭痛や嘔吐、むくみ、だるさ等が起きる事。

※これは稀なケースになります

水分は水やお茶、コーヒーといった飲料だけでなく、野菜や果物にも含まれています。

汗を大量にかく時期でない限り、無理して3ℓ以上もの水を飲む必要はありません。

喉が渇いたと感じた時は脱水しているサインなので、その前からこまめに補給し排泄を心掛けましょう。

からだのトリセツ(53)

引き続き、女性ダイエットあるある⑥

☑体に良いから、亜麻仁オイルやオリーブオイルを何にでもかける

健康に良いと聞けばたっぷり摂取してしまうのが人間です。最近では亜麻仁オイルやえごま油

といったオメガ3と呼ばれる油が注目されています。オメガ3は体内で作り出す事の出来ない

必須脂肪酸で、中性脂肪を減らし脳機能を高めたりうつ病予防にも働きかけます。

『じゃぁ、いっぱい摂取した方が良いんじゃん!』・・・それは大きな勘違いです。

まず、厚生労働省では1日1~2gの摂取を推奨してます。あくまでも油なので、普通に1g9カロリーの

エネルギーがあり摂りすぎは肥満や高血圧を招く恐れがあります。

また、オリーブオイルや菜種油といった植物性油は抗酸化作用があり注目されていますが

オメガ9系脂肪酸といって体内でも作られる脂肪酸なので追い油は摂る必要はありません。

結局は油には変わりないので、普段使用している油を変え、量は変えずが良いという事です。

 

 

 

 

からだのトリセツ(51)

引き続き、女性ダイエットあるある⑤

☑運動が嫌いなので、食事制限だけで痩せようと思う

食事制限だけで痩せようとする人は、極端に食事の量を減らしてしまう人が多い。

確かに体重はすぐに落ちるかもしれませんが、同時に筋肉の分解も進み代謝も落ち

メリハリのないスカスカボディになってしまう恐れが・・・。

ですが筋トレとタンパク質の摂取により筋肉量が増えれば、勝手に痩せやすい体になります。

また運動は快楽物質であるであるドーパミンを出すため、同じく快楽物質を出す

スナック菓子や甘味といった嗜好品の代替えにもなります。

目先の結果を得るのではなく、長い期間でしっかり変えていく事をおすすめします。

からだのトリセツ(46)

今回はオン日とオフ日での食事についてです。

☑トレーニングオン日、オフ日で食事をガラリと変えている・・・

トレーニングをするオン日はプロテイン摂取し食事も気に掛けるのに

オフ日は気を抜いてプロテインは摂らず食事も無頓着になる人もいるそうです。

からだ作りを最適化するにはオンオフ関係なくプロテインや食事を摂る事です。

トレーニング後の筋肉のタンパク質合成は安静時より高い状態が48時間続き

筋肉は2日間以上かけて作られる為、そこでタンパク質が不足すると筋肥大が滞ってしまいます。

あと、加工食品に多いリノール酸を摂りすぎると体内で慢性的な炎症が起こり

アトピー性皮膚炎などのアレルギー反応が生じやすくなります。

トレーニング後に限らず、運動後は免疫が一時的に下がるので炎症が起こりやすくなります、

なので加工食品の過剰摂取を控え、炎症を抑えるオメガ3脂肪酸を含む

青魚やエゴマ油を摂るようにしましょう。

 

 

からだのトリセツ(45)

今回は総合アミノ酸を摂取することについてです。

☑輸入物の総合アミノ酸をよく利用している

まず前提として、タンパク質はアミノ酸からなりプロテインでタンパク質を摂取するより

アミノ酸で摂取した方が吸収も速いし、筋肉にも効率的に合成されやすいです。

しかし1番大切なのが、アミノ酸の中でも体内で合成できない9種の必須アミノ酸です。

トレーニングをしている方はこの必須アミノ酸をサプリメントで補給する人が多く、

国内ブランドは値段が張るので海外ブランドの物をネット通販する方も少なくないでしょう。

海外ブランドが全部という事ではないのですが、中にはアミノ酸の1つであるトリプトファン

が配合されていないケースもあります。過去に製造トラブルがあり、健康被害が報告

された事例があるそうです。(日本では同様の報告はないのでご安心ください)

アミノ酸は1種でも欠けるとタンパク質合成が滞るので選ぶ際は

海外ブランド品はトリプトファン有無の確認をするか、国産ブランドを選ぶようにしましょう。