美容光フォトフェイシャルについてQ&A

Q、レーザー治療との違いって何?

A、光とレーザーの違いは、主に波長(光の長さ)とパルス幅(光の照射時間)です。 美容光フェイシャルの方が波長が短くパルス幅が長いのが特徴です。 肌のお悩みに対して浅く広く効果を発揮することができます。 もう一方のレーザー治療は、波長が長くパルス幅が短いため、シミやニキビ跡などのターゲットにダイレクトにアプローチすることができます。

 

Q、美容光フォトフェイシャルは女性でけしか受けれないの?

A、男性の方でも施術可能です。現在も多くの男性のお客様が美容光フォトフェイシャルを受けています。

 

Q、シミやそばかすは綺麗に消えるの?

A、美容光フェイシャルはレーザー治療と違って「シミを除去」するというよりは「薄く目立たなくする」ことが治療のゴールだとされています。完全にシミを消したい場合は、レーザー治療との併用が必要となります。

 

Q、シミの大きさや濃さに関係なく反応するの?

A、ほくろのように濃い箇所や大きい箇所は反応しますが、効果を感じるのに時間がかかります。

 

Q、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス・あざの一種)にも効果あるの?

A、光治療は肌の浅い層に作用するので、メラニンが真皮層に入り込んで発生するADM(後天性真皮メラノサイトーシス)には反応しません。

 

Q、美容光フォトフェイシャルは痛いの?

A、フォトフェイシャルの場合痛みはほとんどなく、麻酔も不要です。機器には冷却装置が付いており、表皮を保護しながら施術できるのも痛み軽減の秘訣。ですが箇所によって少し痛みを感じる事もあります。

 

Q、美容光フォトフェイシャルを受けた後の肌はどうなるの?

A、フォトフェイシャルの施術後は、照射の影響でシミやそばかすなどがあった箇所に黒いカサブタのようなものができる場合があります。この症状はフォトフェイシャルの治療が上手くいっている証拠の反応なので、心配は不要です。ただ、ヤケドを起こしている場合はこの限りではありませんので注意しましょう。

あと一時的なシミの悪化は見られます。沈着していたシミなどのメラニンが分解されて浮き上がってくる事で、一時的にシミが悪化したように感じる事があります。このメラニンはターンオーバーと共に1~2週間程で自然と体外に排出されていくので、シミも徐々に薄くなっていきます。

 

Q、美容光フォトフェイシャルを受けれない人はいるの?

A、アトピー性皮膚炎や皮膚疾患、アレルギー体質、ケロイド体質、心臓病等の内科疾患等・・・

光過敏症を引き起こす薬を服用している方(抗てんかん剤、利尿剤、抗がん剤、ステロイド等)以上の方はかかり付け医とご相談下さい。また施術前にアルコールを摂取されている方は、お断りしています。

 

Q、ダウンタイムがないって本当?

A、レーザー治療と比較すると痛みやダウンタイムが少ない反面、効果も緩やかとなっています。シミ取りレーザーは施術後、照射部分がかさぶたになるので1週間程度は絆創膏などで患部を保護する必要がありますが、美容光フェイシャルは施術後メイクをしても大丈夫です。

 

Q、仕事帰りに行きたいんですが、メイクをしてても大丈夫ですか?

A、メイクをしていても大丈夫です、施術前にクレンジングと洗顔をさせていただきます。

 

Q、施術後にメイクやヘア直しが出来る場所はありますか?

A、個室のパウダールームを完備しています。化粧水や乳液、ヘアアイロン、ドライヤーなど多数アメニティもご用意しておりますので、お気軽にお使いください。

 

Q、友達と一緒に行っても良いですか?

A、ご友人やご家族で来店していただいても大丈夫なのですが、この施術担当が1人になりますので同じ施術を受ける場合は順番になります。ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

 

Q、どのくらいの間隔で施術したら良いの?

A、当サロンでは1ヶ月に1回でおすすめしています。お客様のご希望やゴール設定によりお肌に支障がない間隔をご提案させていただく事もございます。

 

Q、受けた後に気を付ける事はある?

A、施術後はお肌が敏感になっていますのでしっかり保湿をし、施術当日は汗をかくような事はお控え下さい。紫外線にあたるとシミの増加や赤み、炎症にも繋がってくるのでUVケアも行って下さい。